ブログ レクサス

次へ>>

レクサスHS250hの納期は現在2010年2月下旬以降[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/09/21(月) 18:22

レクサスHS250hの納期は現在2010年2月下旬以降
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=8541/
2009年8月21日 18:22掲載

トヨタ自動車は、レクサス・ブランド初のハイブリッド専用車であるHS250hの、8月18日以上受注分の工場出荷予定が2010年2月下旬以降となることを明らかにした。
HS250hは、7月14日の発売日の時点で、すでに月販目標台数500の6倍にあたる約3000台の事前受注を獲得。発売後も順調に受注を伸ばし、発売から約1か月が経過した8月16日には20倍となる約1万台に達している。

工場出荷予定は、8月7日の時点で2010年2月上旬以降となり、1週間後の8月14日には2月中旬以降となった。今回は、前回の発表からわずか4日しか経っていないにもかかわらず、10日程度伸びたことになる。
HS250hは、新型トヨタ・プリウスと同様にエコカー補助金(環境対応車普及促進対策費補助金)の対象。同制度は2010年3月末までに登録することが交付の条件だ。エコカー補助金の利用を考えている人は、早めに注文したほうが良いだろう。

トヨタ、レクサスHS250hの納車が来年4月以降と発表[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/08/31(月) 21:19

トヨタ、レクサスHS250hの納車が来年4月以降と発表
http://www.goo-net.com/goo_news/news_category9/n_number1812.html
8/31(月) 21:19

トヨタは8月28日、レクサスHS250hを今後購入する場合、納期は早くても平成22年4月以降となる見通しであると発表した。 

HS250hは、7月14日の発売から8月16日までの約1ヶ月間で1万台を超える受注があり、予約分と合わせると生産が当面は追いつかない状況であるという。8月28日以降にディーラーからメーカーに発注された注文分については、トヨタの工場出荷時期が来年4月以降になる。 

このため、来年3月末までに新車登録した車が対象となるエコカー購入補助金の対象から外れる見通し。 

トヨタの宮田工場の生産計画は毎月500台とされており、クルマ本体だけでなく、あらゆる周辺パーツの足並みが揃わないと完成しないため、生産の前倒しが難しい状況とのこと。 

なおエコカー減税は、「環境対応車普及促進税制」の対象モデルとなっているので、自動車取得税は2012(平成24)年3月31日までの登録、重量税は同年4月30日までの登録が軽減措置対象となるので、当面は減税対象となる。 

レクサスHS250hの納期、2010年3月下旬以降に[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/08/26(水) 08:26

レクサスHS250hの納期、2010年3月下旬以降に
http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=8596/
2009年8月26日 17:23掲載   

トヨタ自動車は、レクサス・ブランド初のハイブリッド専用車であるHS250hの8月25日以降受注分の工場出荷予定が、2010年3月下旬以降となることを明らかにした。
HS250hの工場出荷予定は、8月19日の時点では2010年2月下旬以降だった。つまり、この1週間で一気に約1か月も伸びたことになる。
HS250hの購入に利用可能なエコカー補助金(環境対応車普及促進対策費補助金)の対象は、2010年3月末までに登録した車輌。工場出荷から登録までは輸送や納車準備などに若干時間を要するため、今すぐ注文しても補助金の対象となるかは微妙な状況だ。
トヨタは、購入者に対して実際の納車時期について、レクサス販売店に確認することを勧めている。

新型レクサス、受注1万台=発売1カ月で、目標の20倍[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/08/18(火) 21:00

新型レクサス、受注1万台=発売1カ月で、目標の20倍
8月18日21時0分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090818-00000158-jij-bus_all

 トヨタ自動車は18日、高級車ブランド「レクサス」で初のハイブリッド専用車「HS250h」の受注が発売から約1カ月で約1万台に達したと発表した。月間販売目標500台の20倍に当たる。レクサスが最初の1カ月で1万台を超えるのは2006年9月に発売した最上級車「LS460」以来となる。
 価格を従来のレクサスより抑えて395万円からとしたほか、ガソリン1リットル当たり23キロ走行する燃費の良さも人気に貢献。7月14日の発売時点で既に受注が3000台を超えていた。
 トヨタによると、従来のレクサスに比べ、輸入車や他の国産メーカー車からの乗り換えが約3割と多く、レクサスの新たな客層の拡大に寄与しているという。 

トヨタ レクサスのハイブリッド車 受注1カ月で1万台に[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/08/18(火) 19:49

トヨタ レクサスのハイブリッド車 受注1カ月で1万台に
8月18日19時49分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090818-00000017-maip-bus_all

レクサスHS250h
 トヨタ自動車は18日、高級車ブランド「レクサス」初のハイブリッド専用車「HS250h」の受注台数が、7月14日の発売から約1カ月で1万台に達したと発表した。当初の月間販売目標(500台)の20倍で、同社は「現在受注しても、納車が来年2月下旬になる」と説明している。

 HS250hは、ガソリン1リットル当たりの走行距離が23キロで、高級セダンながらコンパクトカー「ヴィッツ」並みの燃費性能を持つ。最廉価モデルが395万円とレクサスでは最安値水準であることも顧客獲得につながっている。発売時点で受注台数が3000台に達していた。【坂井隆之】

次へ>>

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31