ブログ フォルクスワーゲン新型ポロ

VW ポロ 新型…ドイツで予約2万4000台突破[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/06/26(金) 00:00

VW ポロ 新型…ドイツで予約2万4000台突破
http://response.jp/issue/2009/0626/article126542_1.html


26日にドイツで発売される新型ポロの予約台数が早くも2万4000台を突破した。

2009年6月26日


フォルクスワーゲンは25日、新型『ポロ』のドイツでの受注台数が、2万4000台以上に達したことを明らかにした。新型は26日にドイツ、7月に欧州全域で販売がスタートするが、早くも人気は過熱ぎみだ。


新型ポロは3月のジュネーブモーターショーでデビュー。ボディサイズは全長3970mm×全幅1682mm×全高1453mm、ホイールベース 2470mm。現行型と比較すると、54mm長く、32mmワイド、14mm背が低い。ホイールベースは4mm伸ばされた。ボディサイズの拡大は、ゆとりの室内空間を生んでいる。

内外装のクオリティは大きく向上。とくに、室内はソフトタッチのプラスチック、ホワイトバックライトのスイッチ類、アルミパネルなどを採用して、質感がアップ。オプションでエアコン付きグローブボックス、MP3プレイヤー、タッチパネルモニター付きナビゲーション、3本スポークのマルチファンクションステアリングなどが設定される。荷室容量は280-952リットル(VDA計測法)と十分だ。

安全性の向上も大きなニュース。ボディ剛性の引き上げや各部の補強によって、前面衝突時の安全性は約50%、側面衝突時の安全性は約20%アップ。ヘッドエアバッグやヒルホールドコントロール付きESPなどの安全装備は、全車標準だ。また、ボディ剛性アップにもかかわらず、車重は現行比で約7.5%軽くなっている点も注目できる。

燃費の良さも新型のセールスポイント。フォルクスワーゲンによると、燃費は現行型と比較して、最大で20%向上しているという。エンジンはガソリンとディーゼル7機種で、すべてユーロ5の排出ガス基準に適合。7機種のうち5機種は、ニューエンジンだ。

新型ポロは、欧州では装備の違いによって、「トレンドライン」「コンフォートライン」「ハイライン」の3トリムを用意。ドイツでのベース価格は、1万2150ユーロ(約164万円)からと、競争力も高い。

フォルクスワーゲンの販売担当取締役、クリスチャン・クリングラー氏は、「新型はポロ5世代の歴史において、最も経済的で、環境性能や安全性能も高いモデル」と自信を見せる。ドイツでの発売前に受注台数が2万4000台を超えた事実からも、新型に対する顧客の期待の大きさがうかがえる。


<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31