ブログ BMW 760Li

BMWJ、最上位セダン「BMW 760Li」受注開始、V12エンジン搭載[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/07/17(金) 04:26

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090717-00000002-nkbp_tren-ind
7月17日4時26分配信 nikkei TRENDYnet


BMWJ、最上位セダン「BMW 760Li」受注開始、V12エンジン搭載
ビー・エム・ダブリュー(BMWJ)は、大型セダン「BMW 7」シリーズに最高出力400kW(544PS)のV型12気筒エンジンを搭載したロングホイールベースの最上位モデル「BMW 760Li」を追加し、7月16日に受注開始した。
 ビー・エム・ダブリュー(BMWJ)は、大型セダン「BMW 7」シリーズに最高出力400kW(544PS)のV型12気筒エンジンを搭載したロングホイールベースの最上位モデル「BMW 760Li」を追加し、7月16日に受注開始した。希望小売価格(車体価格)は1920万円。納車は11月以降を予定する。


 排気量6.0L、V12 DOHCツインパワー・ターボ・エンジンを搭載する。最高出力は先代モデルを22%上回る400kW(544ps)/5250rpmで、最大トルクは同 25%増の750N・m(76.48kg・m)/1500―5000rpm。トランスミッションは量産モデル初となる8速オートマチックを採用した。またブレーキ・エネルギー回生システムを採用し、燃料消費率を先代モデルに比べ約4%低減した。

 外装は幅広のキドニーグリルや、フロントサイドパネルからフロントドアパネルにまたがるサイドターンインジケーター付きの「V12」エンブレム(クロムメッキ仕上げ)を特徴とする。内装にはV12の文字が浮かび上がるイルミネーション付きドアシルプレート、縫い目で縁取ったレザー仕上げのインスツルメントパネル、高級合成皮革アルカンタラのルーフライニングとサンバイザー、象眼細工を施したウォールナット(クルミ材)のトリムを装備した。

 複数のセンサーが車両にかかる横Gを測定し、コーナリング時にロールを抑えて揺れを小さくする「ダイナミック・ドライブ」機能などを標準装備する。オプションには、クロム装飾を施した専用デザインのフロント/リヤバンパー、19インチのMライト・アロイホイールなどをまとめた「M Sports」パッケージを用意する。車体寸法は全長5212mm、全幅1902mm、全高1484mm。ホイールベースは3210mm。4人乗りで、ステアリングは左右いずれかを選べる。

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31