ブログ ジャガー XJ

ジャガー XJ 新型…斬新なデザインでデビュー[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/07/10(金) 12:10

ジャガー XJ 新型…斬新なデザインでデビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000004-rps-ind
7月10日12時10分配信 レスポンス


ジャガーXJ
ジャガーは9日、新型『XJ』を発表した。ジャガーのラインナップの頂点に位置するサルーンは、斬新なエクステリアやライバルよりも約150kg軽いという新世代アルミボディが特徴だ。

新型のハイライトはそのデザインだろう。歴代ジャガーXJは低めの全高に、ロングノーズ&ロングデッキスタイルというのが伝統だった。しかし、新型はXJのセオリーを覆す大胆なフォルムをまとう。

中でもポイントになるのが、リアウインドウの処理。新型のリアウインドウは強く寝かされ、『XF』のようなクーペスタイルが取り入れられた。サイドのウェストラインも高くなり、全体的デザインは直線から曲線基調に変わったことが見て取れる。空気抵抗係数を示すCd値は0.29とジャガー史上、最もエアロダイナミクスは優秀だ。

フロントマスクは『XF』との関連性を感じさせるデザイン。縦長のLEDテールランプは現行のジャガーラインナップに見られないもので、新鮮さをアピールしている。ボディは現行型と同じく、ショートボディとロングボディの2種類を設定する。

ショートのボディサイズは全長5123×全幅1895×全高1448mm、ホイールベース3032mm。現行型(全長5091×全幅1900×全高 1462mm、ホイールベース3032mm)と比較すると、32mm長く、5mm幅狭く、14mm背が高い。ホイールベースは変わっていない。

125mmストレッチされたロングのボディサイズは、全長5248×全幅1895×全高1448mm、ホイールベース3157mm。さすがに、後席のゆとりはたっぷりだ。

新型は新世代アルミボディ構造を採用し、軽量かつ高剛性なサルーンを目指した。アルミの50%はリサイクル素材を使用し、新型のパーツの85%はリサイクル可能。また、アルミボディの効果で、ライバルのメルセデスベンツ『Sクラス』やBMW『7シリーズ』と比較して、車重は約150kg軽くなった。ジャガーによると、このアルミボディ構造の採用によって、1台当たりのCO2排出量は約3トン減らせるという。

ガソリンエンジンはジャガーとしては3世代目のV8。トップグレードの「スーパースポーツ」には、『XFR』『XKR』と同じ直噴5.0リットルV8スーパーチャージャーを搭載する。最大出力は510ps、最大トルクは63.8kgmで、0 - 96km/h加速は4.7秒、最高速は250km/h(リミッター作動)。「スーパーチャージド」グレードはデチューン版を積み、最大出力は470ps、最大トルクは58.6kgmに抑えられる。

直噴5.0リットルV8のNA版は、「プレミアムラグジュアリー」と「ポートフォリオ」に搭載。最大出力385ps、最大トルク52.6kgmを発生する。

ディーゼルは『XF』に先行搭載した3.0リットルV6ツインターボ。従来の2.7リットルV6ユニットの後継機種で、「AJ-V6D-III」と名づけられているように、ジャガーとしては3世代目のコモンレールシステムを導入している。「ラグジュアリー」「プレミアムラグジュアリー」「ポートフォリオ」の3グレードに積む。

新ディーゼルは、2800rpmから上でセカンダリーターボが作動。最大出力は275ps、最大トルクは61.2kgmと非常に強力だ。500rpmのアイドリング時で、51kgmもの最大トルクを発生する。

旧2.7リットルと比較して最大出力は33%、最大トルクは61%も向上。その効果で、0 - 96km/h加速5.9秒、最高速度250km/h(リミッター作動)の俊足ぶりを披露する。それでいて、環境性能は欧州複合モード燃費14.2km /リットル、CO2排出量184g/kmと優秀だ。排出ガス性能はユーロ5に適合している。

ハンドリングに関しては、エアサスペンションの「アダプティブダイナミクス」、リアデフを電子制御する「アクティブディファレンシャルコントロール」、クイックレシオのパワーステアリングなどで、高レベルの走行性能を追求した。

室内は、レザーやウッドなど最上の素材を吟味し、ジャガーらしい英国クラフトマンシップを表現。丸い空調ルーバーにはメッキ処理が施され、クラシカルな雰囲気が演出された。オーバルデザインの6速ATのセレクターダイヤルは、XFや『XK』シリーズと同様、エンジン始動に合わせてセンターコンソールから出現。天井全面を覆うように、爽快なガラスルーフも設定された。トランク容量は520リットル(VDA計測法)で、大型スーツケース2個が積載できる。

インパネ中央のモニターは8インチ。運転席と助手席で異なる画面を表示する「デュアルビュー」を採用する。オーディオは英国Bowers & Wilkins製の1200W、20スピーカーシステムが用意された。

新型XJは、欧州で予約受付を開始。2010年初頭には、第1号車がデリバリーされる予定だ。英国での価格は5万2500ポンド(約796万円)から。ジャガーのMike O'Driscollマネージングディレクターは、「新型XJが最高のラグジュアリーサルーンを定義する」と自信を見せる。ライバルと異なる方向性を目指したデザインが、受け入れられるかがカギとなりそうだ。

《レスポンス 森脇稔》

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31