ブログ 新型アクセラ

マツダ、新型アクセラ発売…エコ減税の対象に[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/06/11(木) 22:24

マツダ、新型アクセラ発売…エコ減税の対象に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090611-00000957-yom-bus_all
6月11日22時24分配信 読売新聞


発売されたマツダ「アクセラ」=庄野和道撮影
 マツダは11日、新型「アクセラ」(排気量1・5~2・3リットル)を発売した。

 停車時に自動でエンジンが止まる「アイドリングストップ機能」などを搭載して燃料消費と排ガスの量を抑えた。環境対応車への買い替え優遇税制(エコカー減税)で最大75%の減税対象となる。5年8か月ぶりの全面改良で、セダンとハッチバックの2タイプを用意した。

 アイドリングストップ機能は2リットルの車種に装備し、燃料消費を先代より約15%改善させた。毎日1時間の走行で年間約2万円の節約になるという。

 一部のスポーツモデルを除き、19日から受け付けが始まる新車買い替え補助制度の対象。価格は166万~267万8000円。問い合わせは「マツダコールセンター」((電)0120・386・919)。

【マツダ アクセラ 新型発表】山内社長「絶対に燃費に効く」[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/06/11(木) 22:10

【マツダ アクセラ 新型発表】山内社長「絶対に燃費に効く」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090611-00000031-rps-ind
6月11日22時10分配信 レスポンス

マツダが11日に発表した新型『アクセラ』は、燃費低減に有効なアイドリングストップシステム「i-stop」(アイストップ)を装備した。

発表会にて山内孝社長は、「今回はテーマを『期待を超える』に設定しました。発表前に、実際に運転してみて、だいたい40分の通勤時間中15分ほど、約3 分の1の停止時間をアイドリングストップによって燃費を稼ぎました。この結果を見て、『これは絶対に燃費に効く』と確信しています」と述べた。

i-stopは、停止の際、事前にエンジン停止位置制御を行っているため、燃焼による再始動を可能にしている。しかも、再始動のごく初期の回転をスターターモーターで補助することによって燃焼力のみの再始動よりも燃焼消費量を低減。静かでスムーズで素早いエンジンの再始動を可能にした。再始動時間も 0.35秒という既存のアイドリングストップシステムの約半分の時間を実現した。

また、山内社長は、「この新型発表に伴い、今売っているラインナップの7割をエコカー減税対象車とすることを目標にしている」と言う。

《レスポンス 佐々木誠》

【マツダ アクセラ 新型発表】大黒柱のデザイン[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/06/11(木) 21:10

【マツダ アクセラ 新型発表】大黒柱のデザイン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090611-00000022-rps-ind
6月11日21時10分配信 レスポンス

【マツダ アクセラ 新型発表】大黒柱のデザイン
「初代『アクセラ』は世界中でヒットし、マツダとしては大黒柱。従って2代目アクセラをどうするかは非常に高いハードルでした」と話すのはマツダデザイン本部デザイン戦略スタジオのチーフデザイナー、栗栖邦彦さん。

開発のスタートは今から5年前。クーペルッキング、ワゴンライク、非常にアグレッシブに見えるものなどいろいろな方向性を模索した結果、「5ドアHBは機能とスポーティさを高いレベルで両立させました」。

「たとえば、非常にアグレッシブなデザインだったとしても、後方視界が悪い、荷物が積めなさそうといったネガティブ要素があるとお客様は逃げてしまいます。セダンにおいてはスポーティかつ洗練された強い存在感が必要でした。セダンのメイン市場はアメリカです。アメリカのフリーウェイで、この強い存在感が無いと埋没してしまうのです」
 
「また、デザインの一貫性ということで、『アテンザ』、『デミオ』と続けてきました。これは実はコンセプトカー『NAGARE』に通じているのです。力強いフロントフェンダーからウェッジしたキャラクターを統一テーマとして訴求しようとしています。今回のアクセラも同様なテーマを持たせました。このように一貫性を持たせることで、一目見てマツダデザイン、マツダのクルマだとわかることを狙っているのです」

《レスポンス 内田俊一》

マツダ アイドリング防ぐ「アクセラ」発売 189万円[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/06/11(木) 19:08

マツダ アイドリング防ぐ「アクセラ」発売 189万円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090611-00000025-maip-bus_all
6月11日19時8分配信 毎日新聞


6年ぶりに全面改良したマツダのアクセラ=東京都千代田区のグランドプリンスホテル赤坂で2009年6月11日午前11時16分、大久保渉撮影
 マツダは11日、コンパクトスポーツカー「アクセラ」を6年ぶりに全面改良し、発売した。一時停車時に自動的にエンジンを停止するアイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」の採用などで、旧型に比べ燃費を約15%向上させた。166万~267万8000円で、アイ・ストップ搭載の最廉価モデル(エンジン2.0リットル)の価格は189万円。割安感で人気を集めるホンダのハイブリッド車(HV)「インサイト」と同水準に設定し、HVに対抗する。

 アイ・ストップは信号待ちなどの一時停止時に自動的にエンジンを停止し、アイドリングを防ぐ仕組み。信号が青に変わりアクセルを踏むと、0.35秒でエンジンが再始動するため運転に違和感がない。信号待ちの多い都市部では、乗車時間の平均3分の1がアイドリング状態とされ、省エネ効果は高そうだ。

 アクセラは03年の初代モデル発売以来、世界で累計200万台以上を売るマツダの旗艦車。会見した山内孝社長は「インサイトや(トヨタ自動車のHV)プリウスを意識していないと言ったらウソ。お買い得な値段のはず」とPRした。【大久保渉】

マツダ、アイストップ機構採用の新型アクセラ発表=Fj[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/06/11(木) 17:26

マツダ、アイストップ機構採用の新型アクセラ発表=Fj
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090611-00000155-scn-bus_all
6月11日17時26分配信 サーチナ


マツダは11日、環境を考えたアイドリング時におけるエンジンの停止始動を自動に行う独自技術「i-stop(アイストップ)」採用の新型アクセラを発表した。
 マツダは11日、環境を考えたアイドリング時におけるエンジンの停止始動を自動的に行う独自技術「i-stop(アイストップ)」採用の新型アクセラを発表した。燃費は初代モデルと比べ最大15%改善しているほか、停止・始動時における振動の軽減、車体の軽量化、新採用の自動無段変速機(CVT)等など全面改良を施した。車両価格は166万円から267万8000円。全9車種中6車種が「エコカー減税」の対象となる。

 新型アクセラは、2.0リッター2WD車に独自アイドリングストップ機構「アイストップ」が標準装備される。アイストップは、燃焼エネルギーを利用することで停止したエンジンを約0.35秒で再始動することができる。この日行われた発表会見では山内孝社長が実体験として「40分の通勤(運転)時間のうち 3分の1がアイドリングストップした」と説明してる。この他にもエンジン停止・始動時における振動や騒音も抑えているほか、燃費についてもアイストップを搭載した2.0リッター2WD車の場合、初代モデルと比べ最大15%改善させた。

 1.5リッター車では新採用の自動無段変速機(CVT)を組み合わせることで、スーポーティーな走りとクラストップレベルの1リッターあたり18.4キロメートルの低燃費を実現している。

 また、車体の貴金属使用量を約70%削減するシングルナノ触媒を2.0リッター2WD車とマツダスピードアクセラに新採用することで軽量且つ車体剛性を効率的に高めた。更に空力特性を見直すことで操舵性や走行時の直進安全性を向上させ、路面から伝わる振動や騒音、エンジン振動、風切り音を低減することで、静粛性、快適性も大幅に改善させた。他にもヘッドランプが進行方向を向き、夜間走行時の前方視界を大幅に向上させる「アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)&バイキセノンヘッドランプ」を新たに設定した。

 車種はセダンと5ドアのスポーツタイプの2タイプで、排気量は1.5リッターから2.3リッター。変速機は1.5リッターにCVT、2.0リッターには 4EC-ATあるいは5EC-ATが、スポーツタイプのマツダスピードアクセラには6MTが採用されている。車体色は新たに青系の「セレスティアルブルーマイカ」、濃紺系の「インディゴライトマイカ」、濃灰系の「グラファイトマイカ」が追加され、計7色。

 新型アクセラは欧州、欧米、オーストラリアで先行販売され、好評を得ているという。国内では11日から販売が開始され、月間販売台数は2000台を計画している。

 【写真】11日都内で行われた発表会見で、新型アクセラを発表するマツダ山内孝社長。(情報提供:ファスニングジャーナル)


<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31