ブログ メルセデス・ベンツEクラス

新車特集 BMW5シリーズ メルセデス・ベンツEクラス比較[AT-1新富士駅店の社長ブログ]

投稿日時:2009/05/29(金) 14:50

新車特集 BMW5シリーズ メルセデス・ベンツEクラス比較
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090529-00000129-scn-ind
5月29日14時50分配信 サーチナ


03年のデビュー当初、いろんな意味で衝撃的だったのが、E60現行型5シリーズのエクステリアデザインだった。もちろん、当時のチーフ・デザイナー、クリス・バングルの指揮(実際のデザイナーはまた別)によるもの。
■双方の強烈なブランド意識が見え隠れするエクステリアデザイン

 03年のデビュー当初、いろんな意味で衝撃的だったのが、E60現行型5シリーズのエクステリアデザインだった。もちろん、当時のチーフ・デザイナー、クリス・バングルの指揮(実際のデザイナーはまた別)によるもの。
 ライバルたちが後を追うように凝った造形を採用するようになって今に至るが、改めて5シリーズを眺めてみると、いかにもBMWらしいダイナミックなクリーンさが際立っている。

 未だ強烈なインパクトを放つ、つり目のヘッドライトデザインなどは、その後、こぞって各ブランドが真似をしたものである。当時は“凝り過ぎ”にみえたディテールも、今となってはすんなりと受け入れられ、かつ個性も感じさせる。あらためてエクステリアデザインのトレンドリーダーとして、5シリーズの存在の大きさを知る思いだ。

 もちろん、伝統的なBMWの手法もきっちり残されている。後端が跳ね上がったサイドウィンドウのグラフィックスや、後輪の力を感じさせるロングノーズ/ショートデッキスタイルなど、ドライビング・ダイナミクスを最大限に考えるBMWの哲学がよく現れたスタイリングだと言っていい。

 ある意味、新しいEクラスも、思い切ったスタイリング路線で人気を博した5シリーズの影響を大いに受けた結果だと言えそうだ。ゴードン・ワグナー率いるデザインチームが目指したのは、ラグジュアリーとダイナミクス、コンテンポラリーとノスタルジック、といった表裏の同時表現だろう。4ライトのマスクは複雑に発展し、サイドに彫りの深いキャラクターラインが入り、リアフェンダーには50年代のモチーフを取り込んだ。やや複雑になり過ぎた感もあるが、前型よりもはるかに豪華に、ダイナミックで堂々としたスタイリングへと進化を果たした。

 ちなみに、セダン同士の比較では、外寸サイズはほとんど同じである。(情報提供:オートックワン)

<< 2017年12月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31